So-net無料ブログ作成

卵ほおばり、熱心に子育て クロホシイシモチ 伊豆・大瀬崎

 Uploaded by 朝日新聞社 卵ほおばり、熱心に子育て クロホシイシモチ 伊豆・大瀬崎 (2018/07/20)

卵ほおばり、熱心に子育て クロホシイシモチ
伊豆・大瀬崎

西伊豆町在住の写真家・堀口和重さんに誘われて、伊豆を代表するダイビングスポット、大瀬崎(沼津市)で潜った。
 水深5メートル。堀口さんが指さしたのは、クロホシイシモチ。伊豆ならどこでも群れが見られる普通の魚だ。ペアの片方の頭がやけに大きい。目を凝らすと口から卵の粒がのぞいている。オスがアゴをいっぱいに伸ばして卵をほおばっているのだ。
 クロホシイシモチは産卵期を迎えるとオス、メスがペアになり、メスが産んだ卵をオスが口に入れ、孵化するまでの1週間から2週間ほど、餌も食べずに卵を守る。子孫を残すための体を張った子育てだ。




nice!(0) 

nice! 0