So-net無料ブログ作成

「レンコン掘り調査選手権」で阿倍野・桃ヶ池の水質改善

 Uploaded by SankeiNews 「レンコン掘り調査選手権」で阿倍野・桃ヶ池の水質改善 (2018/05/27)

「レンコン掘り調査選手権」で阿倍野・桃ヶ池の水質改善

大阪市阿倍野区の桃ヶ池で池に自生するレンコンを掘りその重さを競う「レンコン掘り調査選手権」が行われ、約3・7キロのレンコンを採って大阪市阿倍野区の小学校教員・森田裕貴さんが優勝した。




nice!(0) 

view 秋田県大潟村 干拓で生まれた「パッチワーク」

 Uploaded by SankeiNews view 秋田県大潟村 干拓で生まれた「パッチワーク」 (2018/05/26)

view 秋田県大潟村 干拓で生まれた「パッチワーク」

厚い雲が西の空を覆う。ゆっくりと動く雲の隙間から夕日が差すと、水田が徐々に輝きはじめた。
日本海に突き出る男鹿半島の付け根に位置する秋田県大潟村。かつてこの場所は琵琶湖(滋賀県)に次ぐ大きさを誇った八郎潟が広がり、シジミ漁が盛んに行われていた。 
しかし、戦後の食糧難から米の増産が必要となり、昭和32年、干拓事業に着手。約2万2千ヘクタールあった八郎潟は約1万7千ヘクタールが新たな土地として生まれ変わり39年に大潟村が発足した。42年に入植が開始し、約600人が全国から干拓地に移り住んだ。
「もともと栄養のある土地だが、当時は表面が固く、中が軟らかい田んぼでトラクターが立ち往生することもあった」と振り返るのは大規模農業にひかれ県内から入植した工藤兼雄さん(82)。公平を期すため土地の場所は抽選で決められ、農家経験者でも1年間の研修を経て入植したという。
希望にあふれた入植だったが程なくし45年に減反政策が開始される。「突然でショックだった」と工藤さん。しかし、大潟村では大規模農業のおかげで収入が激減することもなく、転作では大豆の栽培が行われている。
隣の五城目町の森山からは整然とならぶ水田がパッチワークのように一望できる。春は代かきが行われる水田が夕日で赤く染まり、秋は稲穂で黄金色になる景色を求め多くの人が訪れるという。国の政策に揺れた八郎潟の歴史だが、眼下に広がる干拓で誕生した農村の景色は美しかった。
(写真報道局 大西正純)




nice!(1) 

鶴見緑地でマリーゴールドが見頃

 Uploaded by SankeiNews 鶴見緑地でマリーゴールドが見頃 (2018/05/26)

鶴見緑地でマリーゴールドが見頃

大阪市鶴見区の花博記念公園鶴見緑地ではマリーゴールドが見頃を迎え、色鮮やかな花の絨毯が来園者を楽しませている。マリーゴールドは黄・オレンジ・赤の3種で、約2万株が咲き誇っている。




nice!(1) 

ガチ甲冑合戦! 清洲城前で120人が「今川軍奇襲」を再現

 Uploaded by 朝日新聞社 ガチ甲冑合戦! 清洲城前で120人が「今川軍奇襲」を再現 (2018/05/20)

ガチ甲冑合戦! 清洲城前で120人が「今川軍奇襲」を再現

愛知県清須市で5月20日、織田信長が今川義元を奇襲し、討ち取った「桶狭間の合戦」を再現する「国際ガチ甲冑合戦」があった。国内外の武術家や格闘家らでつくる「日本甲冑合戦之会」(大阪市)が主催。鉄や特殊プラスチック製の甲冑を身につけた男女約120人が参加。織田軍の超長やり(長さ6メートル)と今川軍のやり(同4メートル)との集団戦を清洲城の前で再現した。同会の横山雅始代表は「長さ6メートルの長やりは持ち運びは大変だし、(集団戦で)それほどの効果はなかったとわかった」と話した。




nice!(0) 

三社祭、「宮出し」で最高潮に 東京・浅草

 Uploaded by 朝日新聞社 三社祭、「宮出し」で最高潮に 東京・浅草 (2018/05/20)

三社祭、「宮出し」で最高潮に 東京・浅草

東京の下町に初夏の訪れを告げる浅草・三社祭は5月20日、最終日を迎え、見せ場の「宮出し」があった。




nice!(0) 

スペインの至宝イニエスタ J1神戸に完全移籍「日本は大好きな国」

 Uploaded by SankeiNews スペインの至宝イニエスタ J1神戸に完全移籍「日本は大好きな国」 (2018/05/24)

スペインの至宝イニエスタ J1神戸に完全移籍「日本は大好きな国」

サッカーのJ1ヴィッセル神戸は24日、スペイン1部リーグの強豪バルセロナで長年、活躍し、同国代表MFでもあるアンドレス・イニエスタ(34)を獲得したと発表した。同日、イニエスタは東京都内で記者会見し、「日本は大好きな国。家族も日本に来れることを喜んでいる。(移籍は)自分にとって重要なチャレンジになる」と語った。

 記者会見にはヴィッセル神戸の親会社、楽天の三木谷浩史会長兼社長も出席し、「イニエスタ選手はヴィッセル神戸にとどまらず、日本サッカー界全体にインパクトを与えてくれる。ヴィッセルはアジアナンバーワンのクラブになることを目指していく」と語った。
 クラブは、26日に神戸の本拠地ノエビアスタジアム神戸で。サポーターらを招いたウェルカムイベントを実施することも発表した。

 複数年契約で年俸は推定で3000万ユーロ(約39億円)とみられ、Jリーグ史上最高額となる。今回の移籍報道に関連し、スペインの複数のメディアは3年契約で年俸2500万ユーロ(約32億5千万円)などと報じていた。
 イニエスタは来月14日に開幕するワールドカップ(W杯)ロシア大会で自身4度目となるW杯代表入りを果たしており、世界が誇る司令塔の加入は、Jリーグ全体の人気を押し上げることになりそうだ。
 神戸の親会社で、インターネット通販大手・楽天はバルセロナと2017~18年シーズンから4年間に渡るメインスポンサー契約を締結している。神戸の会長で、楽天の会長兼社長を務める三木谷浩史氏が先導し、楽天グループが総力を挙げた獲得交渉が成功した。




nice!(0) 

【ノーカット】「私からの指示ではない」反則の指示否定 日大アメフト部の内田前監督と井上コーチが会見

 Uploaded by SankeiNews 【ノーカット】「私からの指示ではない」反則の指示否定 日大アメフト部の内田前監督と井上コーチが会見 (2018/05/23)

【ノーカット】「私からの指示ではない」反則の指示否定
日大アメフト部の内田前監督と井上コーチが会見

日本大アメリカンフットボール部が悪質な反則行為で関西学院大の選手を負傷させた問題で、日大の内田正人前監督と井上奨コーチが23日、東京都内で会見し、内田前監督は「私からの指示ではない」と反則行為の指示を改めて否定した。一方、井上コーチは「(負傷したクオーターバックを)倒してこいと言ったのは事実です」と述べたものの、「けがをさせるという目的の指示ではない」と弁明した。

 この問題をめぐっては、反則行為をした宮川泰介選手が22日の会見で、井上コーチを通じて内田前監督から「相手のクオーターバックを1プレー目で潰せば(試合に)出してやる」と伝えられ「けがをさせろという意味でとらえた」と明らかにしており、両者の主張が真っ向から対立する格好となった。

 内田前監督は会見の冒頭、負傷した選手、関西学院大アメリカンフットボール部関係者、宮川選手の3者に向けて「誠に申し訳ありませんでした」と謝罪。「フィールド内で起きたことはすべて私の責任」とした。ただ、反則の指示については明確に否定し、「ルールを守るという原則でやっている」と強調。宮川選手が「(内田前監督から直接)やらなきゃ意味ないよと言われた」と説明していることに対しても、「その言葉は絶対に言っていない」と強く否定した。

 宮川選手が前日の会見で自らの責任を認め、謝罪の気持ちを前面に出したのに対し、内田前監督らは反則指示への否定に終始し、対照的な会見となった。




nice!(0) 

護衛艦「かが」が大阪港に入港。内覧実施

 Uploaded by SankeiNews 護衛艦「かが」が大阪港に入港。内覧実施 (2018/05/23)

護衛艦「かが」が大阪港に入港。内覧実施

19日、大阪港に海上自衛隊の護衛艦「かが」が入港した。20日には一般公開を行い、多くの来場者で賑わった。
「かが」はいずも型の2番艦で、長さ248メートル、幅38メートル。昨年3月に引き渡された。母港は広島県の呉。5つの発着スポットを持つ。今回は大村航空基地(長崎県)の第22航空隊、小松島航空基地(徳島県)の第24航空隊のSH60対潜ヘりを載せて来阪した。




nice!(0) 

六義園で和アジサイが見頃

 Uploaded by SankeiNews 六義園で和アジサイが見頃 (2018/05/22)

六義園で和アジサイが見頃

東京都文京区の六義園で和アジサイが見頃を迎えている。近代以降に欧米で品種改良されたものが広く知られているが、アジサイは日本原産の植物で、古くは万葉集にもその名が見られる。

 同園では日本固有のアジサイ15種が六月上旬ごろまで次々に花を咲かせる。咲き始めと盛りでは花の色や咲き方を変えるもの、土の性質によってさまざまに異なる色の花を咲かせるものなど、奥深い魅力を楽しめる。

 5月24日と29日には職員による特別ガイドが行われる予定。




nice!(1) 

シャンシャン343日齢 リンゴをシャリシャリ もうすぐ1歳

 Uploaded by SankeiNews シャンシャン343日齢 リンゴをシャリシャリ もうすぐ1歳 (2018/05/22)

シャンシャン343日齢
リンゴをシャリシャリ もうすぐ1歳

上野動物園は22日、ジャイアントパンダのシャンシャンがリンゴを食べたと発表した。餌を食べる様子が確認されたのは初めて。
 小さく切ったリンゴを前足で持ち、歯で少しずつ削るように食べているのに飼育員が気づいた。
 順調に成長しているシャンシャンは、6月12日に1歳を迎える。




nice!(1)