So-net無料ブログ作成

なると金時「里むすめ」収穫最盛期

 Uploaded by 朝日新聞社 なると金時「里むすめ」収穫最盛期 (2018/09/24)

なると金時「里むすめ」収穫最盛期

徳島県産のサツマイモ、なると金時の中でも高品質のブランドとして知られる「里むすめ」の収穫が最盛期を迎えている。鳴門市撫養町にある武林義典さんの畑では、武林さんとアルバイトの大学生2人がイモ掘り機に乗って、土とともにベルトコンベヤーで上がってくるイモを手早く仕分けてコンテナに入れていた。自宅で水洗いした後、箱詰めしてJA里浦に出荷する。武林さんは「収穫は7月に始めたが、今の時期が成熟して、ほくほくして一番おいしい」。
 JA里浦の管内では約270戸が計約330ヘクタールの畑で栽培しており、10月までに平年並みの7千トンを出荷する見込み。




nice!(0) 

nice! 0