So-net無料ブログ作成

語り継ぐ戦争 震洋特別攻撃隊の一員だった当山勝彦さん

 Uploaded by 朝日新聞社 語り継ぐ戦争 震洋特別攻撃隊の一員だった当山勝彦さん (2018/08/02)

語り継ぐ戦争
震洋特別攻撃隊の一員だった当山勝彦さん

太平洋戦争末期、旧日本海軍は水上特攻兵器「震洋」を開発した。全長約5メートルのベニヤ板製のボートに250キロの爆薬を積み、敵艦に突っ込む。出撃などで約2500人が犠牲になったとされる。当山勝彦さん=函館市=は14歳のころ、「震洋特別攻撃隊」の一員だった。
 当山さんは1944年3月、的場国民学校高等科を修了後、海軍を志願した。走り込みやボート訓練の毎日。少しでもミスがあれば、「精神注入棒」と呼ばれた木のバットで上官に尻を何度もたたかれた。
 横須賀海軍通信隊に配属され、すぐに震洋特別攻撃隊の電信兵となった。「トン・ツー」の組み合わせで示すモールス信号で、沖縄から長崎県の基地に戦況を伝える役割だった。「死ぬことが怖い」という思いは無かった。45年2月、長崎から沖縄に向かうよう命じられ、「震洋」26隻や物資を積んだ輸送船に乗った。     *
 船団を編成するため、鹿児島湾に待機しているときのことだった。昼時に船底の居住区からデッキに上がると、上空に米軍の戦闘機が見えた。数十機はいるだろうか。頭をよぎったのは、大量の爆薬を積んだ「震洋」だ。このまま攻撃を受ければ、輸送船は爆発する。
 「総員退避!」。上官から号令がかかり、救助用ボートに乗り移った。米軍機からも、「震洋」を乗せた輸送船からも離れなければ。桜島を目指し、懸命にボートをこいだ。ボートに乗れず、泳いで逃げる仲間もすぐそばにいた。
 米軍機は水面近くまで降下し、後方から迫ってきた。「ボートを狙ってくるはず。ここまでか」と思ったが、なぜか泳いでいる仲間が狙われた。「ド、ド、ド」と銃弾が撃ち込まれ、懸命に泳いでいた仲間たちはだんだん動かなくなり、やがて海上に浮いた。米軍機のパイロットの顔も見えた。笑っているようだった。
 桜島にたどり着き、負傷した仲間をボートに引き上げて救助したが、それでも約60人が犠牲になった。振り向くと、輸送船は沈没していた。
 その後、沖縄に移動することはなく、長崎県に戻って終戦を迎えた。「何もできなかった」と、戦果を上げられなかったふがいなさが残った。
 だが、地上戦で20万人が死亡した沖縄に予定通り到着していたら、自分も命を落としていたかもしれない。鹿児島湾での攻撃でも助かった。「桜島に生きて着いたとき、二重の意味で命拾いしたことになった」と当山さんは振り返る




nice!(1) 

nice! 1