So-net無料ブログ作成

両親の介護体験にオリジナル曲も 島根県出雲市の元看護助手らがライブ

 Uploaded by 朝日新聞社 両親の介護体験にオリジナル曲も 島根県出雲市の元看護助手らがライブ (2018/07/23)

両親の介護体験にオリジナル曲も
島根県出雲市の元看護助手らがライブ

両親を介護してみとった経験を持つ島根県出雲市東園町のミュージシャン加地由美さんの体験談と音楽ライブが、同市の県立中央病院であった。
 加地さんの父が60歳の時に脳梗塞を患い、その10年後に母が認知症となって両親を介護することになった。親がデイサービスに行っている間に遠出して趣味の写真を撮り歩くなど「気持ちを切り替えることに努めた」。やがて父はがんで他界し、母を介護する中で「母へ」というオリジナル曲を作ったという。「覚えてるよ お弁当作って出かけたこと」。昨年亡くなった母との思い出を歌詞にした。
 会場で、この歌を披露した。加地さんとユニット「ユミーズ」を組む橘由美子さんのキーボードをバックに歌声が響くと、聴衆からは大きな拍手。高齢者施設などでコンサートを開いているという。加地さんは「介護は1人で悩まず色んな人に手伝ってもらって」と呼びかけた。




nice!(1) 

nice! 1