So-net無料ブログ作成

まるで地下神殿?=首都圏外郭放水路

 Uploaded by 時事通信社/JIJIPRESS まるで地下神殿?=首都圏外郭放水路 (2018/07/20)

まるで地下神殿?=首都圏外郭放水路

埼玉県春日部市にある中川・綾瀬川流域の洪水対策施設「首都圏外郭放水路」が19日、報道公開された。その巨大さから「地下神殿」に例えられる同施設。大雨で河川の水位が高くなると、まず四つの立て坑に水が流入する。最終的に水が集まる「第1立て坑」は直径約30メートル、深さ約70メートルで、スペースシャトルや自由の女神が入る大きさ。59本の柱が立ち並ぶ「調圧水槽」は、一時的に水を溜める施設で、長さ177メートル、幅78メートル、高さ18メートル。調圧水槽の水はポンプで江戸川へ排水される。
 これまでも見学会が行われてきたが、観光資源化を目指した社会実験で、8月は1日7回に増やしてほぼ毎日実施する。【時事通信映像センター】




nice!(0) 

nice! 0