So-net無料ブログ作成

いにしえの潮風 感じる細道「都羅の小径」を歩く 岡山県倉敷市

Uploaded by 朝日新聞社 いにしえの潮風 感じる細道「都羅の小径」を歩く 岡山県倉敷市 (2018/03/24)

いにしえの潮風 感じる細道「都羅の小径」を歩く
岡山県倉敷市

江戸時代まで瀬戸内海の小島だった岡山県倉敷市の連島地区。いまも当時の海岸線に沿うように細道が残る。その名も「都羅の小径」。道沿いに点在する社寺や古い町並みを眺めながら散策していると、いにしえの心地よい風を感じられる気がした。
連島は工業地帯で知られる水島地区の北西部にあたり、古くは「都羅島」という海運の拠点として栄えた小さな島だったらしい。江戸時代に新田開発のために干拓化が進み、陸続きになったという。

 都羅の小径は「薄田泣菫(すすきだきゅうきん)生家」から箆取(へらとり)神社までの東西約4キロ。泣菫は地元出身の詩人・随筆家で、生家は2003年から一般公開されている。赤土の塀で四方が囲まれ、「四国・九州間」と呼ばれる間取り。明治詩壇の第一人者にまつわる歴史的資料があふれる。




nice!(0) 

nice! 0