So-net無料ブログ作成

堆積物、底部全体に=福島第1原発2号機の内部調査

 Uploaded by 時事通信映像センター 堆積物、底部全体に=福島第1原発2号機の内部調査 (2018/01/23)

堆積物、底部全体に=福島第1原発2号機の内部調査

東京電力は22日、福島第1原発2号機の原子炉格納容器内部を撮影した新たな映像を公開した。事故で溶け落ちた核燃料(デブリ)を含む堆積物が格納容器の底部全体に広がり、冷却のため注入された水が雨のように降り注いでいる様子が明らかになった。
 東電は19日に2号機内部の調査を実施。伸縮式パイプの先端からカメラをつり下げ、格納容器底部でデブリとみられる堆積物を確認した。圧力容器に収められていた燃料集合体の取っ手部分も見つかり、圧力容器の底に大きな穴が開いている可能性が強まったが、新たに公開された映像でも目立った損傷は確認できない。
 政府と東電の廃炉工程表では、炉心溶融(メルトダウン)した1~3号機のうち、デブリを最初に取り出す原子炉を2019年度中に決めることになっている。(音声はありません)(国際廃炉研究開発機構提供)【時事通信映像センター】




nice!(0) 

nice! 0