So-net無料ブログ作成

障害者アートの連接バス、福岡中心部を運行

 Uploaded by 時事通信映像センター 障害者アートの連接バス、福岡中心部を運行 (2018/01/09)

障害者アートの連接バス、福岡中心部を運行

障害者施設の利用者が描いた絵が窓や車内を飾った「ときめきアートバス」が10日、福岡市内で運行を開始した。福岡市で最も賑わう、博多駅地区、天神地区、ウォーターフロント地区を1月末まで循環する。企画した福岡市障がい者在宅支援課は「より多くの人に見てもらい、障がいのある人への理解を深めてもらいたい」としている。
 市内の3つの障害者施設の計50人が描いた福岡の街の建物や名物など120点のうち80点を採用し大判シールにして貼り付けた。使用しているバスは、人目を引く「連接バス」で、西日本鉄道が路線バスとして福岡市中心部を運行。2つの繁華街や国際港を結ぶため、市民をはじめ、多くの外国人旅行者らも利用しており、同市では、すべての人に優しい「ユニバーサル都市」を目指していることもアピールしたい考えだ。
 鮮やかな色彩で建物を描いた施設利用者らは「最高の絵が描けた」「絵を見て本当に行く人が増えれば嬉しい」などと話した。【時事通信福岡支社】




nice!(0) 

nice! 0