So-net無料ブログ作成

藤井聡太四段敗れ、最多連勝記録止まる

 Uploaded by SankeiNews 藤井聡太四段敗れ、最多連勝記録止まる (2017/7/2)

藤井聡太四段敗れ、最多連勝記録止まる

将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)は2日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で行われた竜王戦決勝トーナメント2回戦で佐々木勇気五段(22)に敗れ、公式戦初黒星を喫した。自身の持つ公式戦最多連勝記録は「29」でストップした。

 藤井四段は昨年10月、史上最年少の14歳2カ月でプロ入り。12月のデビュー戦で当時現役最高齢の加藤一二三・九段(77)を破って以来、負けなしの快進撃を続けていた。6月26日には増田康宏四段(19)を破り、昭和62年度に神谷広志八段(56)が樹立した最多28連勝を抜き、30年ぶりの新記録となる29連勝を達成していた。

 藤井四段の連勝を止めた佐々木五段は、平成25年の加古川青流戦で優勝した実力棋士。22年に16歳1カ月でプロ入りし、昨年5月に愛知県岡崎市で行われた岡崎将棋まつりの公開対局(非公式戦)でプロ入り前の藤井四段に勝利していた。

 昨年7月には棋王戦本戦で羽生善治三冠(46)を、今年4月には王位戦挑戦者決定リーグで渡辺明竜王(33)を破る実績を挙げていた。






nice!(0) 

nice! 0